鍼灸

鍼灸とは

鍼治療で使用する鍼は、髪の毛程度のとても細い鍼です。症状や部位によって、長さや太さの違う鍼を使い分け、ほとんど痛みを感じることはありません。

お灸はヨモギの葉を材料にしたもぐさを使用します。当治療室のお灸は、糸のような細いものですから、ほとんど熱さを感じません。せいぜい蚊に刺された程度の刺激ですし、皮膚にお灸のあとが残ることもありません。

どのような症状に

こりや痛みなどからだに異常があるところは、気の流れが滞って、血流が良くありません。鍼灸治療は、全身の気の流れと血液循環を改善して、からだ全体を調整します。結果としてこりや痛みが消失していくのです。

腰痛、肩こりから生活習慣病、ガン、自律神経失調症、自己免疫疾患等まで多くの病気に対処していきます。さらに鍼灸に快医学を組み合わせることでより効果的な治癒が期待できます。

治療後の反応について

治療後にだるくなったり、症状が少し強くなったりすることがあります。これらは治っていく過程での一時的な反応ですので、心配はありません。治療当日は早めにご就寝されることをおすすめしています。

なお、当治療室の鍼はすべて使い捨てを使用しています。感染等の心配はありませんのでご安心ください。